FC2ブログ

記事一覧

人はそこまでして生きる価値があるのだろうか

こういう話は基本不謹慎だの倫理だので公には語られることはないだろう

母も私も不謹慎な人間でなーw

例えばギリギリ生きている大変ご長寿な人や
もう老い先長くもないだろうに、どう見ても苦痛なリハビリをしてる人がテレビとか映るとする
母も私も「あそこまでして生きていたくはないよなー」と思う人だ

今やそんな母が「ギリギリ生きている」から立ち直ろうとしているわけだ

私は事故初日から助からないだろうと思っていたし
意識がないうちは自分の意志で面会に行ったことなど一度もない[今後も意識がないのなら面会にはこないと言っている]

助かっても重度障害だろうし亡くなったほうが幸せだろうと思っていた

それでも意識を戻したときは
これで助かって幸せなのだろうか?
という思い以上に生きていることに感動するわけさ

人というものはワガママだよな

昔はよく思ったよ・・・今も思ってはいるけど
酷い状態の人を無理やり生かしているというのはエゴだなーと

今の母は私の知っている母とは思えない前向きな人だ
これは叔母の花江さんともよく言っている
私以外のお墨付きなわけだから
母をよく知る人からしたら、あの前向きさは気持ち悪いの如く他人のようだ

ただ前向きで生きる・回復する気力があるうちは出来る限り付き合おうと思っている

今の私は母が今、突然容態が悪化して亡くなったとしても「仕方ない」と思えるくらいのつもりでいる
覚悟が決まったと言えばいいのか、出来る限り付き合うというのはこういうことなのだろう

もし前向きでもなくなり回復する気力もないのなら、私は何もしないだろう
前向きでないのなら、そこまでして生きさせたいとも思わないしな

私はあっさり死にたいなー
今度貸金庫の中に遺言でも書いていれておくか

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジンフウル

Author:ジンフウル
この絵を探しています
分かる人は是非ご一報を

フリーエリア