FC2ブログ

記事一覧

07/22 6-5=4 ろくひくごはよんだよ[強気]

昨日天気予報を見ていたら
面会予定だった月曜日の最高気温が39℃となっていた

月曜日行くのはやだなーと思いながら適当に外出

トントン拍子に川越方面に進んでしまったので
面会に行くのは今日でいいかとそのまま病院へ

13時45分頃
病室の手前の廊下に母とリハビリの若手がいた
(´・ω・)<かんしんかんしんwww

と・・・適当に話しかけ

(´・ω・)<土曜日なのにリハビリって珍しいっすね

などリハビリの人とも適当な話をする

歩行器なし歩行訓練を暫くして終了
私が来る前までは階段の上り下りをしていたらしい

きっちりリハビリをしていれば歩くことくらいはできそうだなー

病室に戻ってから早速外出をさせる
昨日は残念なことにいつも滞在しているところが臨時休業ということで
土曜日で人も少ないことだし、病院内をくまなく回ってみることにした

普通に歩いても問題ないであろうエリアはB1~3Fまで
ほぼ全て回った

そこでちょうど人もいなく程よいスペースがあったので
そのスペースを使って母に車椅子を使わせるようにいろいろやらせる

本当は起立の訓練とかやらせたいんだけど
看護師に見つかったら怒られるだろうしなw

ってことで30分位かなー
適当に車椅子を使わせたりして

病室へは17時15分くらいに戻る

病室に戻ってからは算数ドリルみたいなやつをやらせてみた

最初の最初なんで1年生1学期の算数レベル
一桁の足し算引き算が1ページに10問くらいなのをやらせていた

これはリハビリを見に行った時に何回か見ていたから知っているけど

主に間違える理由はこれである

・足し算と引き算自体を間違える
・普通に計算ミスをする
・意味不明理論で計算する
・謎

ということで1ページだけ計算したら私がチェック
間違えた場所は教えないで全部正解になったら次のページというふうにやらせた

10問あると大体2問、間違える
7-4 が 11
5+3 が 2
こんなミスが割と普通にある

11-1 が 9
なんていうのもあったか

そして本日のタイトル

ドリルの3ページ目くらいだったかなー
最初普通に間違いが2つあると言ったページ
間違いの1つはとけたんだけど

もう一つの間違いに何時まで経っても気がつかず
次のページに行きたくてイライラしているようだったから
間違っているのはここ!!と言った

6-5=4

と指を指して教えたわけなんだけど
動かない・・・直す気がない

(´・ω・)<ろくひくごだよ・・・わからないのか?

【10秒程度の沈黙】

そして母の言葉
【ろくひくごはよんだよ[強気]】

割と毎日びっくりさせてくれますよ( ´Д`)=3

まるで牛や馬にドウドウ言ってるオッサンのようになだめて
(´・ω・)<よく考え直してくれ

と言ったら暫くして間違いに気がついたようだ

せっかく算数の話だし、今日の算数の話も少しすると
3÷1=12
なんていうのが一番印象深かった

(´・ω・)<これどうやって計算したの?
って聞いたら

まず20が出てきて
3と1が適当に関わってきて
なんやかんやで12になるらしい

はっきり聞き取れはしなかったけど
まず20が何処からともなく登場して3と1で何かが起こるそうだ

計算のついでに小話
リハビリの人と計算のリハビリをしている時に話したことなんだけど
脳に障害がある人の計算というのは

出来ない順に
割り算>引き算>足し算>掛け算
というケースが多いらしい

割り算は掛けてしまったり、引いてしまったり、わからないなどでダントツ
引き算は計算ミスと足してしまう場合がある
足し算はその反対

で・・・掛け算というのは正解率が高い
これは不思議な話なんだけど
掛け算を割ったり、引いたり、足したりはあまりされず

計算ミス自体も少ない

なんでだとおもう(´・ω・`)?
少し考えると簡単

掛け算だけは【計算】では無いんだよね


その後は少し写経なんぞを書かせた
これ親族には笑いネタだったらしいけどねwww

リハビリとして写経やっていた人もいるし普通にリハビリなんだぜ?

んでやらせてみると何が駄目なのかも分かっていいものよ

簡単な字やよく知っている字は【文字】として認識しているようだったけど
難解な文字はまるで【絵】や【模様】のように認識しているように見えた

そして丁寧になぞったりも書いたりしない
やっぱり落ち着きとかその辺りにも難がある
適当に1ページやらせただけでもこれだけ気がつく
一応リハビリに採用されている訳だわな

そして食事になったので18時10分頃退室

その日は酒酒酒ゲロ

気絶で終える

気絶直前に私宛のメモがあったので一部書いてみる

部屋で度数高いの一気のみ0時0分
いままさに気絶前

と書いてある
ぎりぎり書いてた記憶はあるけど
寝た記憶もないしこのまま意識を失ったのだろう

んで今日
13時30分頃病室へ
着いたらちょうどベッドに戻ったところと言っていたので
(´・ω・)<眠いんじゃしょうがないな~今日はもう帰るとするかwww

とか適当なこといいながら時間を潰していたら

病室に人も多く人の声だけで疲れそうになったので
(;・∀・)<かったるいし外に出ようぜ

と言って外に連れ出す

今日はいつもの所で少し時間を潰して
妄想話を適当に聞いていたら
母が突然「外のバスが・・・」とか言うので
(´・ω・)<バスなんて停まってねーよ?

と言っても聞かない
「バスが停まっている」と断言しているので

んじゃいいよと言って車椅子を指定した方に向けて進むも
外に出る前あたりでバスが消えたという

(´・ω・)<適当に見たパーツだけで頭がバスと認識しているだけでバスなんかないんだぜ
などなどを説明して

最初の位置に戻って
(´・ω・)<もう一度見てみろ、バスに見えるものがあるだろ?
というとバスに見えるというので

もう一度同じ道を進む
この工程を二回繰り返すことで
母の中でバスと認識していたものは
自動ドアとガラスの不透過シールの組み合わさったものだと
母に認識させることが出来た

思い込みは一人の状態で完成されてしまうと本当に崩れないから
簡単に壊せる時点で壊しておかないと面倒なことになると思う

その後は少し散歩すると
左足が無いのに車椅子を右足だけでスゲ~順調に扱う人を見る
更にその人点滴も持ったままであの順調さ

母は左手が駄目なので車椅子は厳しいと思っていたけど
あれだけサクサク操作しているのを見ていると
足一本であれだけ操作できるなら車椅子に慣れさせるかと思い
昨日見つけたスペースと廊下で車椅子を操作させる

それはもうリハビリの人以上にサクサクとスパルタにwww
結局院内ではあるけど400メートル以上走らせてみた

後半の方は普通にゆっくり歩くの半分くらいではあるけど真っ直ぐ進めるようにはなった

左手が駄目だから車椅子は割とどうでもいいと思っていたんだけどな
歩く練習にもなるし車椅子も悪くないか

その後病室に戻り
適当に計算とめいろ

めいろは何とも言えないなー
段差のあるタイプの迷路だとそういったルールを理解していない

簡単なルールを守らせる系は厳しい
対象年齢5さいなのになー

後は適当に時間をつぶしご飯が来たので18時10分頃退室

もう手術があるわけでもないから土日行くのも悪くないなー

月曜日が糞暑いから行きたくないというのも理由だけど
ソーシャルワーカーから連絡が来ると次は転院先病院に行くようだから
わざわざ川越に行ったにもかかわらず戻るハメになったらたまらんものなw

ってことで連絡があるまでは面会保留かなと思ってたのもあったから
昨日今日行ったというのもあったり

ってことで次の面会日は未定です
音沙汰ないならまた週末になるのかな

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジンフウル

Author:ジンフウル
この絵を探しています
分かる人は是非ご一報を

フリーエリア